デッサン

20210615_220025.jpg
デッサンで鹿の絵を描いてみました。
デッサンは難しいでっさー!
posted by tantantan at 22:02北海道 ☔Comment(0)日記

無機質なもの

最近マンガを描いていて気付くことがある。
画の中に小石などの無機質なものを散りばめると、何となく画にリアリティーが増すような気がする。

とは言え、あまり散りばめ過ぎるとシャ乱Qの「いいわけ」のようになってしまうので注意が必要だが。

シャ乱Qは「いいわけ」という曲で何故あそこまで無機質な音を仕掛けたのだろうか?
当時、おそらく8センチCDだったと思うが、「やたらと音飛びするなぁ」とか思ってしまってあまり好きではなかったが、今思うとあれは「砂嵐」をイメージしたのではないか?と推測する。

仮にあの無機質な音が砂をイメージしたとするのなら、例えば金属だったりガラスだったり、木片だったり(カスタネットかい!)したらどうなのだろうか?とも考える。

素材は色々であるのだろう。

無機質な音と言っても、常に同じではなく適度に違う場合もある。小石の形もそれぞれ違うように細かく聴けばその違いに気付く。

例えばユーミンの「1920」と言う作品はどうであろう?
そうだあの「チクタク音」である。
あれは曲の前半と後半で若干音の響きが違う。
前半はそれほど響かない音に対して、後半は何かしら反響するような感じだ。
おそらく過去から現在へ。なのかと思う。かも知れないが、しかしそれならば何故前半の音の方が打ち込み音らしいんだろうか?とも考える。

いやこれは罠である(^o^;)
きっとパラレルワールドである。
過去も現在も未来も時間的な差はないということなのだろうか?

何故なら「時」という概念は人が作り出したものだからである。




posted by tantantan at 17:27北海道 ☔Comment(0)日記

シナリオ

20210609_205134.jpg
このような本を買いました。
posted by tantantan at 23:34北海道 ☔Comment(0)日記

エディター

20210608_234019.jpg
O's Editor 2」のお試し版をインストールしてみました。
これは、台本、脚本などに特化したソフトで、もしかしたら使いやすいものなのかも知れない。
そもそも、それらの書き方のルールとかもよく分からないので一概には言えないが、文章構成の専用ツールとしては良いかも知れない。

posted by tantantan at 23:48北海道 ☔Comment(0)日記